宮島のお土産「もみじ饅頭」について

もみじ饅頭

もみじ饅頭

もみじ饅頭

もみじの形をしたお菓子、焼いて食べたらおいしかろう

島の秋、多に深く色とりどりに紅葉した楓は、多くの参拝者や観光客に喜ばれます。
もみじまんじゅうは、「県花」でもあり、「宮島町の木」でもある紅葉を型取って造られたものです。


由来

もみじ饅頭を発案した人物は、明治後期の和菓子職人、高津常助(たかつ つねすけ)とされています。
紅葉谷の旅館「岩惣」の女将から「大切なお客様への手土産に、紅葉谷の名にふさわしい菓子が作れないか」と依頼され、「紅葉形焼饅頭(もみじかたやきまんじゅう)」を完成させました。
以来、原料や製法に研究・改良を加え、今では宮島はおろか広島に欠かせない銘菓として賞賛されるまでになりました。


アラカルト

漫才コンビB&Bの島田洋七さんのギャグ『もみじまんじゅう!!』で一気に全国的に有名になったもみじまんじゅう。



もみじ饅頭

カステラ生地の中に『さらしあん(こしあん)』を入れたものが一般的ですが、現在ではさまざまな「もみじまんじゅう」が生まれています。
「粒あん」「クリーム」「チーズ」などはすでにみなさんにはおなじみかと思いますが、「チョコ」「抹茶」「栗」「芋」「フルーツ」揚げてあったり、アイスだったり・・・
日夜、もみじまんじゅう屋さんは研究に研究を重ねて新しい味に取り組んでいます。

宮島内には現在20軒の製造業者があり、日夜新メニュー開発にいそしんでいるところ、餡や生地にこだわるところ、それぞれの店が個性を出して営業しています。

それらの店の自慢の味を巡る「 もみじまんじゅう屋めぐり 」もまた宮島の旅の楽しみでもあります。

皆さんも「もみじまんじゅう屋めぐり」ぜひ楽しんでみては?